SEOを考える上でのサテライトブログ活用のポイント

このブログでは、サテライトブログの活用ということで、サテライトブログの開設から記事の投稿までを書いてきました。

ここまではサテライトブログから被リンクを送って外的SEO対策を行うことが主眼になります。

そこで、今回は外的SEOを考える上でのサテライトブログ活用のポイントをまとめていきます。


ただし、ここに記載しているのは、あくまでの著者の私見です。

実際のところはgoogleの人にしかわからないのです。

あくまでも、試行錯誤した結果から導き出しているものですので、その前提で呼んで下さいネ。


SEOを考えた場合のサテライトブログの活用には次のようなポイントがあります。

  1. 被リンクを送った記事がgoogleにインデックスされていること
  2. サテライトブログのページランク
  3. キーワードの種類


今回は、上記について述べていきます。

まずサテライトブログとして機能するためには被リンクを送るための記事が
googleやyahoo!などの検索エンジンにインデックスされていることが
最低限必要になります。

インデクッスされていないということは検索エンジンからすれば存在しないのと同じ状況になります。


なので、いくら被リンクを送っても、サテライトブログがインデクッスされていないと、被リンクの効果はありません。

逆に、インデックスさえされていれば、その効果の大小は別として被リンクとしての効果が発生しています。


ここで書いた様に、被リンクとしての効果の大小は別にすれば、
検索エンジンにインデックスされさえすれば被リンクとしての意味はあります。

そこで、被リンクを送る記事としては、必ずしも人間にとって意味のある文章になっているかどうかは
別の問題だということがあります。


あまり推奨はしませんが、被リンクを送るだけに特化するのであれば、あまり人間にとっては意味が無い文章の羅列でも文法的に間違っていない文章であっても、googleにはインデックスされます。


googleによれば記事そのものの内容も重視していることになっています。

しかし、世の中にあるサイトを一々人の目で監視することは出来ないので、機械的に確認している訳です。

そうすると、「意味のある文章」かどうかを認識することは非常に難しいことは想像されます。


普通文章を考えると、一つ一つの文だけではなく複数の文の組み合わせで内容を伝えます。

まだまだ機械的にそういう複数の文章を関連させて意味があるかないかという判断が出来るとは思えません。


なので、被リンクということだけを考えるならば、インデックスされるかどうかという観点でまずは考えます。


ただ、被リンクの効果の大小を考えると、記事の内容がポイントになります。

というより、記事の集合であるブログのパワーといったほうが良いかもしれません。


従来はこのブログのパワーを示す指標の一つとしてページランクがありました。

このページランクの考え方は、googleが特許として取得しています。

そしてgoogleが提供するツールバーで確認することが出来ます。

このページランクは0から10までの数字で評価されますが、個人のブログでは
せいぜいページランクが3~5程度のようです。

それどころか、ページランクが0というモノが殆どでしょう。


ただ、googleはページランクは今後は重視しないといったことを述べています。

ですので過去においてはこのページランクと検索上位表示とに相関が有ったとされるのですが、
現在は殆どないと言っても良いかもしれません。


ページランク自体はあまり気にしないでも良いと思いますが、被リンクを送るサテライトサイトや
サテライトブログのパワーは、被リンクの効果に影響があるものと考えられています。

上ではインデックスされていさえすれば良いと書きましたが、
被リンクの効果としては、「良質な記事の書かれているサイト」からの被リンクが
効果の高い被リンクになるとされています。

ただ、ここの「良質な記事」かどうかの判断がgogleしかわからないのが問題です。


SEOはまさに検索エンジンに首根っこを押さえられている状況の訳です。


ただ、もうヒトコト書くと、全てのキーワードで同じ様にチェックしているとは思えません。

検索する人が多くてgoogleの結果に影響される人が多いキーワードであれば、
その結果の良し悪しがgoogleの評判自体に影響するでしょう。

しかし検索する人が少ないキーワードの結果は、そもそも検索する人が少ないので、
googleとしてもある意味どうでもよいでしょう。

そういう検索が多いキーワードをビッグキーワード、検索の少ないキーワードをスモールキーワードと呼ぶことにすると、
検索結果の少ないスモールキーワードについては、そもそも自動化された判断で済ましている可能性が高いと思います。

そこで、3つ目に上げたキーワードの種類ということで、サテライトブログで被リンクを送る際には、
アンカーテキストをつけるのが普通です。



HTMLによるリンクを設定する構文

アンカーテキスト


このアンカーテキストにキーワードを含めるわけです。

この時にビッグキーワードを選んでもそもそもなかなか他のライバルに競り勝つ事自体が難しいのですが、
スモールキーワードであれば、比較的上位表示がされやすいだけでなく、リンク元の記事の内容も
現在の時点ではそこまで確認されていないであろうと思われるフシがあるのです。


以上3点ポイントをお伝えしました。

スモールキーワードであれば、いくつかサテライトブログを作成して、そこから被リンクを送ってあげることで、
比較的簡単に検索上位に表示させることが可能です。

この記事を読まれたあなたも実践してみてください。

SEOを考える上でのサテライトブログ活用のポイント関連ページ

サテライトブログの効果
SEOのためにサテライトブログの活用の情報をお届けします
サテライトブログからのリンクの貼り方
SEOのためにサテライトブログの活用の情報をお届けします